の まとめ

デジタルガジェットレビュー、Mac ・ iPhone・ WordPressのコード、食レポなどをまとめて比較してお届けします。

ガラケーユーザーや2台持ちにおすすめ!1000円以下の格安simでAndroid端末を使う方法

      2013/11/09

「携帯電話(ガラケー)を使ってるけど、スマホにしたくない。だって通信料高くなるでしょ?だけど、LINEができないと困るの。で、スマホはいらないけど、スマホ的なものが欲しいの。」という友人の悩み。

解決策は、ガラケー+アンドロイド端末+格安SIMの組み合わせかも?!

ということで、本記事ではガラケーユーザーや2台持ちユーザーが、手軽に導入できる格安SIMとアンドロイド端末についてご紹介します。

要旨

格安SIMは「ドコモ回線」を使ってるので、「ドコモの白ロムAndroid端末」か「SIMフリー端末」を買えばよい。

購入したもの

イオンで「イオンSIM」を、Amazonで「ARROWS Me F-11D」を購入しました。

購入のポイント

  • イオンSIM → 店頭ですぐ買えたから
  • ARROWS Me F-11D → 安価(購入時10800円)でAndroid4.0以上だったから。

結果

LINEができる!スマホに機種変するより安い。満足!

参考:費用比較

友人の場合、ガラケーの通信料が2000円程度。ざっくり計算してみました。

  • スマホに機種変更した場合 →6000円/月=年間72,000円
  • 2台持ちの場合 →ガラケー2000円/月+通信料980円/月+端末10000円+手数料3150円=初年度48,910円/2年目以降:35,760円
  • 2年目以降、年間3万円以上お得です。

参考:SIMロックフリー(SIMフリー)と白ロムの違い

  • SIMロックフリーは、どこのSIMでも使えます。
  • 白ロムは、SIMが入っていない状態です。キャリアに依存する可能性があります。

購入の注意点

端末をAmazonなどで購入するときは、次の点に注意しましょう。

  • SIMロックフリーと明示されない端末は、白ロムの可能性がある。
  • 白ロムの場合、キャリアに合わせたSIMを使う必要がある。

なお、白ロムは各キャリアに持って行くと、シムロックフリーにしてもらえます。

例えば、auの端末が余ってるからイオンSIMを指したい場合、auの店にいってSIMロックフリーにしてもらえばよい、というわけです。

各キャリアのシムロック解除方法

Docomo
SIMロック解除の手続き | お客様サポート | NTTドコモ
→SIMロック解除手数料:3,150円(税込)を窓口で支払う。

au
auICカード対応のauケータイを譲り受… │ au Q&Aプラス
→「ICカードロッククリア」の事務手数料:2,100円(税込)を翌月の請求に合算。

SoftBankSIMロック解除のお手続き | お客さまサポート | ソフトバンクモバイル
→SIMロック解除手数料 3,150円(税込)を、店頭窓口にて支払う。

 

参考:端末を選ぼう!

今回は予算1万円程度だったためArrowsでしたが、余裕があれば別の機種も選べます。

sony xperia mini

Sony Xperia tipo dual

Ascend

 

参考:格安SIMの比較(DocomoのMVNO)

※2013/09/05調べ

業者名 / 月額料金 / 接続速度 / カードの種類 / LTE使用量 です。

  1. OCNモバイルエントリー d LTE980 / 980円 / 200kbps / 標準,micro,nano / 1日30Mまで
  2. IIJmioミニマムスタートプラン / 945円 /200kbps / 標準,micro,nano / 月500MBまで
  3. イオンSIM(b-mobile) / 980円 / 150kbps / 標準,micro / なし
  4. DTI / 490円 / 100kbps / 標準, micro / あり
  5. BB.exciteモバイルLTE / 892円 / 200kbps / 標準,micro,nano/ 月500MBまで
  6. 楽天ブロードバンドLTE / 945円 / 256kbps / 標準,micro,nano/月500MBまで

まとめ

  • 普通に考えれば、OCNが無難。NTTグループだし安心。
  • 複数SIMが必要ならIIJ。プランが豊富。
  • Waonを持ってるとか店舗ですぐ買いたいって人は、イオン。
  • LTEよりも普段の速さにこだわりたいなら、楽天。
  • 速度よりも安さ!って人はDTI。
  • iPhone5のnanoSIMを使いたい人なら、OCN、IIJ、楽天。

格安SIMのオススメは「NTTコミュニケーションズ OCN モバイル エントリー 」です。

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル エントリー d LTE 980 マイクロSIMパッケージ T0003352

Androidの端末は、Amazonで好きな機種を予算に応じてDocomoの白ロム端末から選び、SIMはサイズに注意して購入してください。

以上、ガラケーユーザー、2台持ちユーザー向けに、SIMフリーAndroid端末と格安SIMについてご紹介しました。

 

 

 - デジタルグッズ , , , ,

336-280

Message

  関連記事

8型WindowsタブレットPCの比較とまとめ

軽くて、バッテリーが長持ちして、Windows8な8型タブレットをまとめました。 …

電源投入
【DMMで購入】Zenfone2にSIMをさす方法

Yモバイルや楽天モバイルと比較した結果、DMMモバイルを選びました。 機種が届い …

5インチで3万円台のSIMロックフリースマホの比較とまとめ【2014年】

iPhone6/6PlusがSIMロックフリーで発売されたことで、SIMロックフ …

iphpne-film
おすすめiPhone6用保護フィルム

iPhone6用保護フィルムを選択するときのポイントを紹介します。 選択のポイン …

amazonがBlackBerry Passortの正規代理店になったよ!SIMフリーが買いやすい!

amazonがBlackBerry Passortの正規代理店になりました。 B …