の まとめ

デジタルガジェットレビュー、Mac ・ iPhone・ WordPressのコード、食レポなどをまとめて比較してお届けします。

NASが壊れたからDropbox プロを契約しました

      2015/07/04

先日、ユーザーが4億人を超えたとアナウンスされたオンラインストレージサービス「Dropbox(ドロップボックス)」ですが、NASが壊れたことも考慮して有料のプロを契約することにしました。

Dropbox プロ の契約方法

1.まず無料のDropboxアカウントを作り、Dropbox – ログインからログインします。

2.ログイン画面右上にある「アカウントのアップグレード」をクリックします。

1

3.「プランを選択」画面で、プロの「Dropboxをアップグレード」をクリックします。

2

4.プランを選択肢、クレジットカード番号を入力し、「今すぐ購入」をクリックします。

3

5.完了です。かんたん。

 

4

Dropbox プロと無料版との違いは?

無料版で使える容量の初期値は5GBで、プロは1TBです。

金額は月額1200円。年払いなら12000円です。

無料版でも、他のユーザーを招待したり、イベントをクリアすることで使える容量は増えていきます。僕の場合、既に20GB以上の容量がありましたが、それでも足りなくなったのが移行を決めた大きな要因です。

Dropbox プロをどう使う?

WindowsとMac、自宅と職場など複数端末を所有しているのでデータ保管は、NASを使っていました。

ところが、NASが壊れたでも書いたようにNASが壊れるとデータの復旧に苦労します。

しかも、NASを壊したのは3度目。計算すると2年から3年に1度の割合でNASが壊れています。

NASの購入費用と壊れる頻度と復旧までの労力を鑑みた結果、年額12000円(税込み)で、それらの煩わしさから開放されるのであれば、Dropboxプロへ移行しよう!ということになりました。

 

1TBは巨大だから、分割して使うことも可。

とはいえ、一気に1TBに容量が増えても、使いきれません。

また、すべての端末でデータを共有する必要もありません。

Dropboxには、同期するフォルダを選ぶ機能があります。

「クラウド」にはすべてのデータをアップロードし、同期するデータは端末ごと異なるように設定しました。

この使い方なら、

  • パソコンAは、案件Aのみを取り扱う
  • パソコンBは、案件Bのみを取り扱う、
  • なのに、クラウド上にはすべてのデータがバックアップされている。

という状態になります。

フリーランサー、ノマド的な働き方をしている人にも向く使い方ではないでしょうか。

まとめ

月額1200円、年額なら12000円のDropboxプロ。

NASとしても便利に使えそうです。

気になる人はぜひ。

 

 - まとめ ,

336-280

  関連記事

埼玉スタジアム2002
埼玉スタジアム2002の会議室に行ってみた

ワールドカップも開催された埼玉スタジアム2002で会議してきました。 埼玉スタジ …

梅林公園
3月5日と6日に開催される「梅林公園 梅まつり」を先取りしてみました

埼玉県越谷市の梅林公園の梅祭りが2016年3月5日(土)、6日(日)の2日間行わ …

ビームス
ビームスのアウトレットに行ってきました

越谷市のイオンレイクタウンアウトレットに、期間限定でビームスがオープンしていると …

麦わら帽子
【断捨離】麦わら帽子【34週目】

毎週、断捨離したモノを紹介します。  麦わら帽子 購入理由 夏は使うかな、と思っ …

ブルーライト対策グッズ
ブルーライト対策グッズ3選

パソコンやスマホの利用が多い人向けにブルーライト対策グッズを紹介します。 ブルー …