まとめ

【ガンプラ】「HGとは違うのだよ、HGとは」なRG RX-78GP01 ガンダム試作1号機を作ってみました

GP01

こどもの日だから戦国アストレイ頑駄無を作ってみましたのMGに引き続き、RGRX-78GP01を作ってみました。

RG(Real Grade)シリーズとは?

1/144スケールで、リアルなモビルスーツを再現するシリーズ。装甲も細かくわかれていて、まるで本物のような精巧さだ!

バンダイHPより引用

RX-78GP01をつくってみた

GP01はガンダムの試作機という位置づけです。本家のガンダムよりメカっぽいので気に入ってます。

real-g-1

RGは、アドヴァンストMSジョイント、という仕組みを採用。

本体に専用の内部フレームをもち、そこに外部装甲を組み上げる、という手法で作ります。

real-g-3

組み立てただけで、この完成度(の予定)

GP01

で、完成です。

GP01 完成

関節の自由度が高く、固定力もあります。しかし、コアファイターと上半身の結合は緩め。持ち方によっては直ぐ抜けます。

上半身

カラーはホワイトとグレーがメインです。脛の前後の色の違いがわかるでしょうか?微妙に色分けされています。

サイドから

スネとふくらはぎのあたり。この感じ、カッコイイです。墨入すればさらにグレードが増しそう。

足回り

背面です。左手のシールドの持ち手も少し弱いかも。ちょっと残念。

リア

小ぶりの頭の凝縮感もたまらないですね。

上半身

まとめ

Amazonレビューによると、GP01は、RGシリーズでも高い完成度だそうです。

上半身のグラつきが少し気になりますが、それ以外は文句なしにカッコイイです。

1/144ながらも細かいパーツが多く、作成には時間がかかると思いますが、完成度は高いです。

週末にぜひ。