の まとめ

デジタルガジェットレビュー、Mac ・ iPhone・ WordPressのコード、食レポなどをまとめて比較してお届けします。

ネットと電話でSoftBankのiPhone4をauのiPhone5sにナンバーポービリティする方法

   

窓口に行く時間がないけど、ナンバーポータビリティ(MNP)をしたい!と思ったので、ネットと電話で手続きをしてみました。

ここではソフトバンク(以下、SoftBank)のiPhone4を、auのiPhone5s 16GB ゴールドにした方法をご紹介します。

なぜMNPするのか?

J-Phoneから使ってきているキャリアだったのですが、長年使っていてもメリットありません。明らかに新規やMNPの利用者のほうが料金がお得です。

またキャリアメールに縛られることも少なくなり、さらに自宅の回線がauなのでスマートバリューが適用されるのも後押しとなりました。

概要

手順は大雑把に言って次の2つだけです。

  1. SoftBankへ電話してMNP予約番号を手に入れます。
  2. auのサイトでMNP手続き(契約)をします。

1.SoftBankのMNP予約番号を手に入れる方法

詳細は、手順は公式サイトに出ていますが、一部操作が違ったので、僕が行った手順を紹介します。

  1. iPhone4から157に発信 ※1
  2. キー6:MNP・解約 を選ぶ
  3. キー1:MNP を選ぶ
  4. キー2:ソフトバンクから他社への転出をご検討の方 を選ぶ
  5. キー1:電話番号を入力 ※2
  6. キー1:MNP予約の申し込み を選ぶ
  7. キー1:暗証番号の入力
  8. オペーレーターに接続されるので電話でやりとりする ※3
  9. SMSで確認事項が届くので指示に従いMySoftbankに接続。画面の指示にしたがって必要事項を確認 ※4
  10. SMSにMNP予約番号が届く
  • ※1 日曜9時で直ぐつながりましたが、同日17時電話したら混み合っていました。時間帯を選んだほうがいいかもしれません。
  • ※2 公式サイトとの説明通と一部キー操作が違いました。自分でもびっくりしてたので5,6,7の手順はちょっと曖昧です。いずれにせよ途中で電話番号と暗証番号を入れています。
  • ※3 自動音声対応だからスピーカフォンで操作してましたが、急遽オペーレーターにつなぎますと言われて軽くパニックになりました。
  • ※4 解約手数料が2100円かかります。電話料金とまとめて引き落とされます。機種の残金や2年縛りの契約解除の手数料も考慮してください。オペレーターが確認してくれると思います。最後にMySoftBankのポイント利用を忘れずに。

2.auのサイトで契約する方法

次はauのサイトでMNP契約手続きをします。

事前準備

  • 先ほど手に入れたSoftBankのMNP予約番号
  • 本人の運転免許証 ※2MB以内のデジタルデータにしておくと手続きが早い。住所変更してる場合は、運転免許証の裏面も別ファイルにすること。

具体的には次の手順で行いました。

  1. auのオンランショップにアクセス。
  2. 「製品カテゴリから探す」の「iPhone」をクリック。
  3. 「iPhone5s」をクリック。
  4. 「iPhone 5s ゴールド」をクリック。画面がスクロールするので「iPhone 5s ゴールド 16GB」をクリック。
  5. 「ご希望のご購入手続きを選択してください」で「他社から乗り換え(MNP)」を選択。「オプション品の購入」は「今回は購入しない」を選択。「MNPで申し込む」をクリック
  6. 「ご本人確認について」画面の内容を確認し「ご契約者様情報の入力へ進む」をクリック。
  7. 購入時のご注意に関する2つの文書をクリックして確認し、承諾するを選択する。「お客様の情報」として暗証番号、パスワード、連絡先のメールアドレス等を入力。「サービス契約情報の入力へ進む」をクリック。
  8. サービス契約情報の入力で入力した内容を確認し、テザリングの有無などを選択する。誰でも割に入らないといけない。2年ごとに契約延長。やめるときは注意が必要。テザリングオプションは2年無料。2年目から有料。「サービス契約情報の確認へ進む」をクリック。
  9. 内容確認して「決済情報入力へ進む」をクリック。
  10. 本体価格68040円を分割払いにするか一括払いを選択。クレジットカードの番号を入力し「本人確認書類 送付画面へ進む」をクリック。
  11. 運転免許証の番号を入力、運転免許証の写真をアップロード(住所変更してる人は裏面も忘れずに)、MNPの番号、有効期限を入力。「ご注文内容の確認へ進む」をクリック。
  12. 内容確認し「この内容で注文を確定する」をクリック。
  13. 手続き完了。SoftBankの手続きから初めて1時間程度かかりました。

まとめ

  • 電話とネットでもナンバーポータビリティーの手続きはできます。忙しい人はぜひ。
  • SoftBankのMNP予約番号は、最終的にはオペレータとつながります。時間帯を考慮しましょう。
  • 予約番号を取る前に、ポイントは使っておきましょう。
  • 解約の場合にかかる費用を計算しましょう。何もなければ2100円ですが、機種代が残ってる場合などは、実店舗で手続きしたあげくiPhone5+商品券などのほうがお得かもしれません。
  • auの本人確認は運転免許証だけです。
  • 2年後のことも忘れずに。

 

 - まとめ , , , , ,

336-280

  関連記事

【断捨離】エヴァンゲリオンのスタンプ【32週目】

毎週、断捨離したモノを紹介します。  エヴァンゲリオンのスタンプ 購入理由 お菓 …

マイクロソフトのオンラインストレージサービス「OneDrive」の無料ディスク容量が増加キャンペーン

マイクロソフトのオンラインストレージサービス「OneDrive」を使っている人に …

イシツブテ
ポケモンGO:タマゴ:イシツブテが孵化しました【347個目】

ポケモンGOで、タマゴが孵化しました。 イシツブテが孵化しました 履歴 ポケモン …

【断捨離】ロックポートの靴【21週目】

毎週、断捨離したモノを紹介します。  ロックポートの靴 靴の中 靴底 断捨離理由 …

ドロップボックスプラン
NASが壊れたからDropbox プロを契約しました

先日、ユーザーが4億人を超えたとアナウンスされたオンラインストレージサービス「D …