まとめ

RiUP(リアップ)を1年使ってみた結果・増えた→減った→微増した

リアップ

薄毛に悩んでいる40代サラリーマンのまめおです。

このサイトを閲覧している人は「薄毛・ハゲで悩んでいる。そこで、リアップなど発毛剤を購入すべきか検討している」のではないでしょか。

また、検索上位ではないこのサイトにたどりついた時点である程度の知識を持っているのではないかとも推測できます。

恐らく、自分と同じように悩み、リアップを利用している人の生の声を知りたいのではないか、と思っています。

リアップを使い続けた結果ですが、私にはある程度の効果がありました。頭頂部の薄毛が改善されてきています。

  • 2019年11月追記 また薄くなりはじめました。夏の紫外線の影響でしょうか。
  • 2019年12月追記 少し戻ってきました。
  • 2020年2月追記 キープしてます。

月額約8000円は決して安くはありませんが、そのコストに見合った効果だと感じています。

というわけで、ここでは、自分と同じような悩みを持つ人に「とりあえずリアップ試してみたらどうでしょうか」という気持ちを伝えたいと思っています。

リアップ

リアップの歴史

発売から20年以上経過しているリアップの歴史を簡単にまとめます。

  • 1999年 日本初の男性育毛剤として発売 ミノキシジル1%配合
  • 2005年 女性用リアップレディ発売
  • 2008年 リアッププラス発売 頭皮環境を整える成分をプラス
  • 2009年 リアップX5発売 ミノキシジル5%配合
  • 2012年 リアップジェット発売
  • 2015年 リアップX5プラスローション発売

リアップX5は、l-メントール、トコフェロール酢酸エステル、ピリドキシン塩酸塩を配合しています。

発毛を阻害する皮脂をコントールし、ミノキシジル本来の発毛効果を促進させます。

朝と夜 1日2回 簡単に塗布できる

キャップを回して、傾けるだけで、1度の使用量を正確にはかれます。正確に塗布できるので、1日2回の使用も苦になりません。

私がリアップを使うにいたるまでの経緯

40代・管理職になってから、嘘みたいにハゲました。

これまで、シャンプー中にあった髪の抵抗感がなくりまりました。もう全然抵抗しない、スカスカです。

怖かったからこそ、現状を確認しない日々を過ごしましたが、あるとき一大決心して、スマホのインカメラで撮影してみました。

そしたら、ないのです。毛髪が。

焦りました。そして、諦めました。

髪にこだわる年でもない。

見栄を張る必要もない。

育毛剤は結構高い。確実に髪が生えるかもわからない。

・・・だから、今の自分を受け入れればいいじゃない、って思いました。

一方、このまま、ハゲていくのを、ただ黙って見ていくのも嫌でした。

薄毛の原因は仕事のストレスだと思います。

中間管理職という名の、プレイングマネージャー。

上司と部下の間で板挟みになり、それでも改善しようと走ってきた結果、ハゲたのだと。

つまりは、ハゲを受け入れたら、仕事も諦めたのと同じではないかと。

だから、とりあえずリアップの最上位を購入しました。

だめかもしれない。だけど、あがいてみたい。仕事も髪も。

それで、使ってみたら、効果があったんです。

新規に生えたかはわかりませんが、抜け毛が減って、髪の毛が太くなりました。

シャンプーするとき、抵抗が増えたました。スカスカじゃなくなりました。

毎日使い続けるのも面倒かな、と思っていましたが、習慣化すれば簡単でした。

歯磨きと同じタイミングで使用するのです。

朝晩つけ忘れがありません。

Amazonで購入すれば、薬局で恥ずかしい思いをしなくてもすみます。

1ヶ月約8000円は、正直高いかもしれません。

だから躊躇したけど、もっと早く使っておけばよかったって今は思っています。

あなたにも同様の効果があるとは限りませんが、悩んでいるくらいなら、1度試してみてはと思います。

履歴

リアップ頭頂部

6ヶ月後、良くなった。

また増えた

10ヶ月後。あれ?地肌増えてる!やばい?夏はやばいのか?頭皮の日焼けもすごかった。

12ヶ月後

12ヶ月後です。また持ち直したように見えます。とりあえず、もう1年継続してみます。

2020年2月

14ヶ月後です。

こちらの記事もどうぞ