まとめ

夏服がない!まずはユニクロのオーバーサイズクルーネックT(半袖)がおすすめ

並べるとこんな感じです。

無地のTシャツとアンダーシャツの区別がつかなかったまめおです。

服、選ぶがめんどうってことはありませんか?

スティーブ・ジョブズがタートルネックとジーンズみたいなスタイルに憧れたことはありませんか?

泊りがけの出張で私服を晒したら、部下から「ロゴTシャツはないだろ」と突っ込まれたことはないですか?(いや、無地のTシャツとアンダーシャツの区別がつかないから、無地のTシャツがトップスになる、という発想がないのですよ。それから無地のTシャツを買うようになりました。)

そんなわけで、服を選ぶのはめんどくさいけど評判が悪くなるのも困る、という人向けに、定番だけどユニクロのTシャツを紹介したいと思います。

ユニクロTシャツ

ユニクロには、たくさんTシャツが売っています。おすすめは「オーバーサイズクルーネックT(半袖)」です。

特徴は次のとおり。

  • クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームが、革新的な素材づかいと「今」の空気を感じさせるデザインで、新たなLifeWearを提案するコレクション。
  • 特殊加工で表面に程良い光沢感を出した天竺素材を使用。
  • ドロップショルダーとボクシーシルエットに長めの半袖でリラックス感を演出。
  • カラー:67 BLUEはネイビー、ブルー、ブラウンといった絶妙な配色の色を混ぜて作ったUniqlo Uオリジナルの杢カラー。
 

つまりユニクロも推している旬なTシャツなのです。

コスパもよく1500円。2020年5月7日までは990円。1枚1000円切ってくる。

サイズも豊富。Sから4XLの8サイズ。

カラーは、ホワイト、ブラック、オレンジ、グリーン、ネイビー、ブルーの6色。ブルーはユニクロUのオリジナル色です。

とりあえず全色かってみた

全色買ってみた

このときは1500円だったので、1500円×6色で9000円でした。

並べるとこんな感じです。

ならべるとこんな感じ。上から、グリーン、ネイビー、ブルー、ブラック、オレンジ、ホワイト。

グリーン

さわやかなグリーン

ネイビー

定番のネイビー。

ブルー

ユニクロU限定のブルー。複雑な色味です。すごい人気。

ブラック

定番のブラック。

オレンジ

明るいオレンジ。

ホワイト

ホワイトです。

ポッケ

デザインのワンポイント。胸ポケット。

裾

裾の裁縫もしっかりしています。

着てみた

170cmくらいでLを着るとこんなかんじ。

2019と2020の比較

2019と2020の比較

奥が2019年に購入、手前が2020年の新品です。

2019年はヘビロテだったので、さすがにくたびれています。

ユニクロのレビューにもありますが、2020のほうが光沢があり、少し薄手に感じます。Tシャツなのに高級感がある感じです。

BEAMSとの比較

BEAMSとの比較

奥が使い込んでるBEAMSの厚手のTシャツ、真ん中が薄手のBEAMSのTシャツ、手前がユニクロです。

どれもネイビーですが、色味が違います。ユニクロが一番BLACKに近いかも。

一番奥はむしろスウェットに近い生地感なので、透けはありません。

真ん中のBEAMSとユニクロはすごく似ていてますが、コスパはユニクロでしょうか。

まとめ

とりあえず、無地のTシャツがほしい人は、サイズ、カラーも豊富なユニクロがおすすめです。

特にオーバーサイズクルーネックT(半袖)は素材もしっかりしていて安価です。

気になる人はチェックしてみてはどうでしょうか。

関連記事