の まとめ

デジタルガジェットレビュー、Mac ・ iPhone・ WordPressのコード、食レポなどをまとめて比較してお届けします。

iPhoneで動画サイトをみていたら、架空請求画面が表示されたまま動かなくなった場合の対処方法

      2016/01/09

iPhoneで動画サイトなどを見ていて、予期せぬ場所をタップしたら、リンク先が詐欺サイト。架空請求画面が表示されたまま、どうすることもできない!なんてことはありませんか?

・・・まあ、個人的に身近なところで起こったので、ここでは、とりあえずiPhone(Safari)で特定の画面が表示されたまま、他のサイトを見ることもできなくなった場合の対処方法を紹介します。

とりあえず「クリックしたんだから、金を振り込め!」的な文言がでるようなサイトに行き当たってしまったら「返事しない」ことが大事です。

詳細はメールやホームページによる「架空請求」等への注意喚起(警察庁)を、ご確認ください。

実例:iPhoneで特定のサイトが表示されたまま、再起動しても、タブを閉じても同じ画面になってしまう

画面例です。「登録完了」「キャンペーン期間で125000円」「24時間を過ぎたら誤作動登録でもご生産頂きます。」などの文言が、いかにもですね。

特に「誤作動の場合、24時間以内に登録削除」とありますが、連絡してはいけません。連絡することで電話番号、メアド、住所、氏名などの情報を与えかねません。

最近だと、タッチするだけで電話をかけるスクリプトが組まれている場合もあるので、冷静に行動してください。焦って画面の文言をタップしないようにしましょう。

ちなみに、この画面は、タブを閉じても、アプリの再起動しても、iPhone本体の再起動でも、消えません。

実例

対処方法:iPhoneのSafari(サファリ)の履歴・クッキーを削除する

こういった画面が消えない場合は、iPhoneのSafariの履歴やクッキーを削除することで対処できることがあります。

1.まず、設定をタップします。

設定

2.「設定」をスクロールして「Safari」を選択します。

Safariをタップします。

3.Safari画面をスクロールさせ、下のほうにある「履歴とWebサイトデータを消去」を選択します。

Safariの設定

4.「履歴とデータを消去」を選択して、作業が完了です。

履歴とデータを消去を選択

5.念のため、Webサイトのデータを削除します。同じく「設定」画面のもっと下にあるメニュー「詳細」を選択します。

詳細

6.手順4で「履歴とデータを消去」したにもかかわらず、データが残っていることがあるので、ここで「全Webサイトデータを削除」を選択します。

Webサイトデータ

7.念のため「自動入力」をオフにしておくと、より安心です。

自動入力

まとめ

ここでは、iPhoneで架空請求画面が表示されたままになった場合の対処方法を紹介しましたが、紹介したのは「iPhoneのSafariの設定」です。

実際に電話して個人情報が漏れたり、お金を振り込んでしまった場合は、警察や全国の消費生活センター等_国民生活センター等に相談してください。

何より焦らないことです。

 - iPhoneとMac , , , ,

336-280

  関連記事

スマートフォン女子向けかわいいiPhone5ケース

スマートフォンを使いこなす女子にぴったりのカワイイケースをご紹介します。 クマ …

au apple sim
au「Apple SIM」対応。事務手数料不要、月額基本料不要、1GB1500円、appleストアで600円(税抜き)

2015年11月17日(火)より、auがApple SIMに対応したプランを提供 …

iPhone5sをおサイフケータイにするスペックコンピュータの「slider」を買ってみました

iPhoneを便利に使うためにICカードを収納できるiPhone5sケースを使っ …

auとソフトバンク
新型iPhone発表は日本時間9月10日(木)午前2時かも?

新型iPhone、iPhone6s、iPhone6s Plus の発表があるかも …

iPhone6s Plusケース
薄くて硬い。ICカードも2枚入る!iPhone6s Plusケース「VERUS Damda Slide」を買ってみた

2015年11月11日に購入したiPhone6s Plus。 とりあえずのケース …