の まとめ

デジタルガジェットレビュー、Mac ・ iPhone・ WordPressのコード、食レポなどをまとめて比較してお届けします。

絶賛断捨離中なので「2nd STREET」で服を売ってきました

      2015/03/10

必要なモノを厳選するために、断捨離を始めました。

まず目をつけたのは「衣服」です。

仕事はスーツなので、普段着はさほど必要ありません。

不要な衣服は、売るか捨てるかです。捨てる前にまずは売ってみたいと思います。

ネットオークションのほうが高く売れそうだとは思うのですが、働きながらでは少し面倒なので、店舗に持ち込むことにしました。

実際に行ってきた

今回は「セカンドストリート 」で売ります。最初は「オフハウス」に行ったのですが、買取不可だった服があったので、店を変えてみました。

20150207-2nd-1

店内は「春物」を買取強化中でした。

20150207-2nd-2

というわけで、早速買い取ってもらいます。

手順

  1. 買取カウンターに行き、品物を渡します。
  2. 番号札をもらいます。
  3. 27点預けて、30分くらいで呼ばれます。
  4. 買取金額について説明を受けます。問題がなければ、氏名、住所、電話番号を記入します。運転免許証で本人確認します。運転免許証の番号を店側で控えます。
  5. 買取後の返却はできない旨を3度くらい説明されて、金額を受け取り終了です。

売ったもの

売ったものと金額の例です。

ステファン・シュナイダーのシャツ 2,000円

20150124_stephen_1

ポール・スミスのジャケット 1,800円

20150124_paulsmith

ウールジャケット(COENだがブランドの扱いなし)500円

20150124_coen

コート(Stussyだがブランドの扱いなし)400円

20150124_stussy

コットンジャケット(COENだがブランドの扱いなし)300円

20150124_coan_2

ネクタイ(タケオキクチだがブランドの扱いなし)100円

20150124_nekutai_1

まとめ

持っていったものは、すべて買取OKでした。満足。

時期もあるのかもしれませんが、思っていたよりも冬物が安く、春物が高かったです。やはり「今の季節」ではなく「次の季節」の衣服を持ち込むのが高く売るコツかもしれません。

私の中ではマイナーな「ステファン・シュナイダー」がブランド扱いで、メジャーな「Stussy」はノンブランドとなることが意外でした。

クリーニングしたての衣服もありましたが、特にプラスの査定にはなりませんでした。

セカンドストリートで衣服を売ってみたい人は参考にしてみてください。

 - まとめ

336-280

  関連記事

2015年1月1日(木)抱負

まとめと比較は、2013年4月にオープンしました。 これまで iPhone、iP …

マイクロソフトのオンラインストレージサービス「OneDrive」の無料ディスク容量が増加キャンペーン

マイクロソフトのオンラインストレージサービス「OneDrive」を使っている人に …

スリッパ
【断捨離】ワンシーズン使用のスリッパ【14週目】

毎週、断捨離したモノを紹介します。  スリッパ 断捨離理由 傷んでないところを写 …

直帰率
オジにブログをすすめたら開始3ヶ月で、私より稼ぐようになった件

大学時時代にお世話になったオジさんが、退職して暇そうだったのでブログを書くことを …

ヘアカラー
【断捨離】ヘアカラー【35週目】

毎週、断捨離したモノを紹介します。  ヘアカラー 購入理由 毛を染めようと思って …